その他の研究開発

カルス製造

ご指定の植物種由来組織よりカルスを製造いたします。

(植物体は種または植物体をご提供いただきます)

一部の植物種はカルスを在庫しております。

 

有用二次代謝産物の研究などに是非ご活用ください!

詳細はお気軽にお問い合わせください。

 

カルス.jpg

 

 

<カルスを在庫している植物体>

・エーデルワイス(子葉由来)

・ヤマシャクヤク(根由来)

 

お問い合わせはこちらから

 

▲このページのトップへ

抗KHV抗体関連試薬

<抗KHV抗体関連試薬(ELISA)>

新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「コイヘルペスウィルス病のまん延防止技術の開発(課題番号:1908)」に参加(H19-21)


第3回くまもとバイオビジネス大賞 大賞受賞致しました(H22)(熊本県庁ホームページへリンク)

 

・    固相化プレート
・    標準コントロール
・    Sol.A (Anti-Koi IgM, Mouse monoclonal antibody)
・    Sol.B (Anti-Mouse IgG, Goat Polyclonal antibody, Biotin)
・    Sol.C (Streptavidin, HRP Conjugate)
・    検出液
・    反応停止液
・    希釈液
・    洗浄原液

※全商品は個別にて販売をおこなっております。

<抗KHV抗体検出用イムノクロマトキット>

「コイヘルペスウイルス感染症 簡易迅速診断キットをモデルケースとした新たな検査法の確立と普及」として、

第3回くまもとバイオビジネス大賞 大賞受賞致しました(H22)(熊本県庁ホームページへリンク)

 

▲このページのトップへ

ARK Fluor Ab C/G - DyLight®️488

クリプトスポリジウム・ジアルジア検出用蛍光抗体

ARK Fluor Ab C/G - DyLight®️488

 

製品規格:15回用/本

コード番号:CG-002

保存:2〜8℃(禁凍結)

 

取扱説明書はこちらから

 

製品特徴

・ヒトの消化管寄生原虫であるクリプトスポリジウム及びジアルジアを同時に蛍光検出できる抗体試薬です

・純国産のIgGマウスモノクローナル抗体を使用しています

・河川水等の環境サンプルの検査用途に使用できます

(水道クリプトスポリジウム検査等)

・純国産という利点を生かし、リーズナブルな価格で安定供給が可能です

・DyLight®️蛍光試薬を使用しており、FITC蛍光試薬を使用している従来製品に比べ、退色耐久性が大幅に改善されています

・検査初心者の方、高倍率での観察、蛍光写真撮影などの用途に適しています

*DyLight®️はサーモフィッシャーサイエンティフィック社の登録商標です。

 

顕微鏡像

○クリプトスポリジウム

Image20.jpg  Image42.jpg 

蛍光像

(×100対物レンズ)

微分干渉像

(×100対物レンズ)

 

○ジアルジア

 

 

Image183.jpg
Image174.jpg 

蛍光像

(×100対物レンズ)

微分干渉像

(×100対物レンズ)

 

ジアルジア染色におけるDyLight®️488の退色耐久性

染色後10分経過
dylight.JPG 

*退色防止剤は使用せず、B励起光をあてたまま一定時間後に観察しました

*60分間B励起光をあて続けても、上記の写真と同様に、明確な蛍光像を観察する事が可能です!

 

詳細はこちらからお問い合わせください

▲このページのトップへ

ARK Fluor Ab C/G - FITC

クリプトスポリジウム・ジアルジア検出用蛍光抗体

ARK Fluor Ab C/G - FITC

 

製品規格:15回用/本

コード番号:CG-001

保存:2〜8℃(禁凍結)

 

取扱説明書はこちらから

 

製品特徴

・FITC標識で標識された抗スポリジウム抗体と抗ジアルジア抗体

・いずれも高い特異性と安定した性質をもつ純国産のIgGマウスモノクローナル抗体を使用しています

・河川水等の環境サンプルの検査用途に使用できます

(水道クリプトスポリジウム検査等)

・純国産という利点を生かし、リーズナブルな価格で安定供給が可能です

 

顕微鏡像

○クリプトスポリジウム

Image2.jpg

  Image20.jpg    Image42.jpg

蛍光像

(×20対物レンズ)

 

蛍光像

(×100対物レンズ)

 

微分干渉像

(×100対物レンズ)

 

○ジアルジア

Image241.jpg 
  Image183.jpg 
  Image174.jpg 

蛍光像

(×20対物レンズ)

 

蛍光像

(×100対物レンズ)

 

微分干渉像

(×100対物レンズ)

 

詳細はこちらからお問い合わせください

▲このページのトップへ

ニワトリIgY抗体作製

ニワトリ卵黄抗体(IgY)とは、鶏卵卵黄中に蓄積される移行抗体であり、機能的にはほ乳類のIgGに匹敵します。
ほ乳類IgGと交差反応を示さないため、ほ乳類FcレセプターやプロテインG/Aと結合しません。
基礎研究や医療の分野で重要なツールである抗体は、現在マウスやウサギ、ヤギ等に免疫することによって作製されています。しかし、ヒト由来のタンパクやペプチドを抗原とした場合、本来哺乳類より遺伝的に遠いニワトリに免疫する方が異物として認識されやすく、より有用な抗体が得られ、従来法では出来なかった抗体が作製可能です。

熊本市指令(商工)第416号
熊本市起業化支援及び新製品・新技術研究開発事業の成果(平成17年8月15日付)

<力価例>

 

igy.jpg

 

▲このページのトップへ

クローンマウス作出

kumanichi.jpg 熊本大学 生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門 資源開発分野 中潟直己教授との共同研究により、H15年4月に民間企業として『世界初』のクローンマウス作出に成功いたしました!

 

 

▲このページのトップへ

Copyright © 2011 ark resource. All Rights Reserved.