先輩社員の声

先輩社員の声

<2014年4月入社の先輩スタッフ>

私は入社後、LAS事業部の生殖発生工学グループに配属され、生殖工学で使用する培養液や凍結卵の作製に携わりました。初めて行う作業ばかりでしたが、必要な知識や技術を、上司をはじめ先輩社員から、わかりやすく丁寧に教えて頂きました。またその後、研究支援グループの業務にも携わり、実験動物に対する理解を深めることが出来ました。

様々な業務に携わることが出来、幅広く知識や技術を学ぶことが出来る会社であると感じています。

2015年より事業推進室に配属となり、水産資源を中心とした研究開発を行うことになりました。大学で学んだことが活かせる研究が行えるため、より一層業務に励んでいきたいです。

 

IMG_1688.JPG

 

 

 

<2014年4月入社の先輩スタッフ>

私は大学でファージディスプレイ法を用いた抗体関連の研究を行っており、仕事もこの知識や技術を活かせるところに就きたいと考えて就職活動を行っておりました。そんな時、大学の共同研究先であったアーク・リソースのインターンシップに参加させて頂きました。仕事内容はもちろんのこと、社長はじめ社員の皆様が気さくに話しかけてくださり、とても明るく雰囲気がいいなと感じ、社員の皆様の仕事に対する姿勢や気遣いなど圧倒されることばかりで、そんな皆様と仕事をしたいと思ったので入社を決意しました。

現在は、事業推進室に配属され大学での経験を活かし、ファージディスプレイ関連の作業やその他開発関係の調査・作業、他部署のヘルプなどを主に行っております。開発部門の部署であることから、新しい情報の調査やデータに関して社員の方々とのディスカッションなど刺激的な日々を過ごしております。現在は言われたことを実行するだけでなく、自分で考えて作業を計画・実行し、「期待値を超える」結果を出すことを目標に業務を行っております。

また社員が30数名ということもあり、飲み会の席などでは非常に盛り上がり、楽しい時間を過ごさせて頂いております。今後、入社される皆様とも楽しい時間を共有できればと思います。

 

<2014年4月入社の先輩スタッフ>

私が大学時代に所属していた研究室では抗体を頻繁に使用しており、研究活動を通じて、抗体の作製に興味を持ちました。また、私は熊本県出身であり、大学で学んだ知識・技術を生かせる事と共に地元の企業で働きたいと考えていました。

就職活動中にこの会社を知り、コンタクトをとり、見学・インターンシップをさせていただいた際に、それまで抗体は私の研究に欠かせなかったはずなのに知らないことがあまりにも多く、自分の知識不足を実感しましたが、同時に大きな魅力を感じ、この会社で働きたいと希望しました。

入社後、私は抗体事業部に配属され、現在は抗体作製を中心に作業を行っています。

作業は抗体を作るための実験動物の飼育管理から免疫や採血と幅広く、時に力仕事、またある時は繊細な作業と様々なスキルが求められます。さらに抗体作製だけでなく、様々なことに挑戦することができる部署です。

私はもちろん最初は上手く出来ませんでしたが、先輩社員方々の親切かつ熱心な指導を受け、少しずつではありますが、上達していき、日々の自身の成長を実感していくことにやりがいを感じています。

また、先輩社員の方々は後輩である私の意見にも熱心に耳を傾けてくれて、互いに意見を出しあって話し合います。上手くいかない時もありますが、改善に繋がれば、達成感を感じることはもちろん、自身が会社または部署の成長に貢献できることが実感できると思います。

会社の雰囲気はとても良く、違う部署の方とでも良好なコミュニケーションがとれる会社です。特に、飲み会などのイベントではみんなで盛り上がって楽しい雰囲気です。

今後、入社される方々とも良好なコミュニケーションが築ければと楽しみにしています。

 

DCIM0012.jpg

 

 

<2011年4月入社の先輩スタッフ>

私は、現在までに身に付けた、「知識」「技術」を生かせる職に就く事に重点を置き、就職活動を行いました。その中で、実験動物に関する自分の「知識」「技術」を生かせると思い、また、社長をはじめ、社員の皆様の明るい雰囲気が素敵だなと思い、入社を決意しました。

入社当初は、モノクローナルグループに配属され、抗体製造をメインに腹水採取やELISA等、多岐にわたる技術を習得し着実にスキルアップすることができました。2013年度より、生殖発生工学グループに配属されました。新しい部署でも、頼れる上司や先輩社員の下、自分の力を伸ばし・生かしていけると思います。

 

 

senpai.jpg

 

 

<2012年3月入社の先輩スタッフ>

私は現在、抗体事業部に所属しており、ウサギやモルモットなどの小型動物からヤギやブタなどの中型動物までの免疫や採血、飼育管理を行っています。

大学などで抗体に関する知識は学んできましたが、実際に免疫や採血を行うことは初めてでした。不慣れな免疫や採血で、うまくできないこともありますが、その一つ一つを丁寧に教えて頂き、確実に行えるようになってきています。

今は作業のスピードアップを目標に業務に取り組んでいます。

 

 

 

 

▲このページのトップへ

Copyright © 2011 ark resource. All Rights Reserved.