先輩社員の声

interview

市川 寛子

LAS事業部
2015年入社

HIROKO
ICHIKAWA

入社のきっかけは何ですか?

大学の頃に抗体関連の研究をしていたことから、研究室の先生に勧められて興味を持ったことがきっかけです。

お仕事やアーク・リソースの魅力を教えてください

私の部署では、主に実験動物のマウスやラットの凍結胚の製造や、その胚を扱う際に使用する培養液を製造し販売しています。
その中で私は、製造に関わる材料(動物や試薬、備品等)の確保、製造スケジュールの管理、製品の出荷承認までの品質管理(他部署と連携)、製品の在庫管理から発送業務(梱包・出荷)まで一連の流れで業務に関わらせてもらっています。
ただ業務をこなすことよりも業務の優先順位を考え、部署内の連携はもちろん、他部署の方々といかに協力して効率よく業務を行うかを考える必要があります。そのため、達成感と充実感を感じながら仕事をしています。
とはいえ、先輩社員の方々を見ていると、まだまだ自分の視野が狭いことを痛感させられている毎日です。

また、アーク・リソースは大きな会社ではないですが、専門的な知識と高い技術を持った方が多いため、お客様の細かい要望に柔軟に応えることができます。お客様に寄り添った最適なご提案などができることは、魅力の一つだと思います。
社内では「一人一人が日々の業務の中で部署に関わらず、改善できる部分を積極的に挙げて改善案を提案する」という目標があります。その提案の中には作業効率が上がるような提案もありますが、製品を使用するお客様を想った提案も多くあり、そんな提案ができる社風であることもまた魅力の一つであると思います。「そこに、愛は、あります!」と言える社風です。
私はまだまだ愛のある提案はできておりませんが、こういった社風は受け継いでいきたいと思っています。

働く上で大事にしていること意識していることは?

高い品質の製品をお客様に提供するためにどうすればよいかを考え、要望にできる限り応える事が第一です。
しかし、職場での環境は常に集団行動です。社員全員が共通で使う備品の補充ひとつでも、全員が気持ちよく仕事ができるよう思いやりを忘れない事を意識しています。
(「愛」がいちばんですね)

どんな所にやりがいを感じますか?

納期などお客様からの要望に応えられたときや、お客様から製品の品質等に高い評価をいただきリピートしていただいた時は自分の仕事にとても手応えや、やりがいを感じます。
決して大きな会社ではありませんが、だからこそよりお客様に寄り添えることができ、お客様の満足度や仕事のやりがいに繋がっていると思います。また、アーク・リソースにはそれができる豊富な経験や知識と技術力、そして製品やお客様に対する思いやりを持ったスペシャリストがいるため、日々の業務の中で刺激や勉強になることがたくさんあります。

MESSAGE求職者へメッセージ

自分の提案が大きな変化につながるチャンスがある環境の中で、手応えややりがい・成長を感じながら一緒に働きませんか!